あゐごろも

日々のあれこれ、短歌など。ときどきによって変わります。

BSでロードオブザリングを3本連続でやっていて
朝方まで観て、朝に寝る。夢は見ていない。
トイレ関係のイメージを見るくらい。子供だったらおねしょのやつ(笑)
そのせいで、ちょっと遅く起きて
もたもたとキッチンでお湯を沸かしていたら
新年最初の幻聴か、上あるいはどちらさまかからの無線か
『この愚か者!』の声が聞こえる。
新年早々一発目からですよ。
ごもっともです。そのとーりの怠惰ですよ。
わたしって改められないからねー、どうぞお叱りくださいな。

ファンタジー冒険ものは好き。
いろいろと心に残るセリフがあった。
正確なセリフではないけど、一番印象にのこったのは

こんなところにこなければよかったと思うけど
今僕がやれることを探す

かなあ。
あああああああ・・・・・・響く。

あと、本当につらいときに、ホビット二人が
故郷の話をしていた。苺にクリームかけて食べると
おいしかったね・・・とか。

本当に辛くなったら、思い出そう。
故郷の味。なんだろな、わたしの場合?
ぼたもち、とか、あんぴんもち、とか。

現実と思っていた世界が、様相を変えて
物語の中にいるような心地でとまどっていた。
神話は死んだのではなく、そのつづきを生きているとは
信じていたけど、とつぜん壮大な物語のなかに入っていて
バランスもとれなければ、なぜ私なんかが?と卑屈になっていた。
自己肯定ができなければ、まわりをも否定してしまう。

ここにきてやっとこういうものなのだと
受け止められるようになってきた。
分け合うことができない、孤独感はあるにしても
生まれてはじめて自分を愛しはじめている驚きもまたある。
周りの人の絶えない声掛けがあったから
はじめてできたことだ。

はじめてのことって、びっくりする。
免疫つくと、おそろかにできてしまう。
逢えた喜びと、衝突の痛みと
もう許しているのに、傷はまだ疼く。

ぎくしゃくぎくしゃく
そんな歩行。

この二極化した世界。
分離しないで一致してくれないかなあ。
寄って寄って、こころの中くらいは一致してごらんよ。

この二年ほど自分の闇をとことん見て、なんとか這い上がったけど
気力はすっかすか。屁理屈や気負いも通じない。
来年は転職するから、収入も一時は途絶えるだろう。
ゼロになるのは、年齢が若くないので怖いけどね
リセットできるうれしさはある。
がんばるのはもういやだなー。
やりたくないことや、いたくないところで、がんばりたくないだけ。
働くのはすき。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット