あゐごろも

日々のあれこれ、短歌など。ときどきによって変わります。

感をたよりにした想像(妄想?)も、そろそろ落ち着かせたい。

勝手だからいくらでも膨らむし、いくらでも自分の中でつなげられて
おもしろいが、散漫になる。

それをとにかく暴走させ、資料を調べれば、作家とか、なにか役に立つことは
あるだろうが
それはしない。

続けているのは、膨らますより削ぐ作業だ。残った最後の一滴に、削いできた
すべても見るようなことをしている。

また、スピリチャル系のものはどんどんどこかから洩れてきているようだから
わざわざそっちに出かける必要もない。

 

自分のワークに戻る。

しかし年齢と共に関われる時間が落ちているので、ちいさな時間にきゅっと入れ
積み上げる他はない。

コツコツと積み上げる、それがわたしができる唯一の方法だろうな。

こ数年はスピリチャル?の中にすっぽり入った。
自分で見た夢の暗示に、自分がかかっていたのだろうか?

宗教ではなく、自在な動きがいろいろとあるのだと分かったのはよかった。
それをたのしみながらも、やっぱり祈るということをしたいと思う。
より日本的なのは、拝むなのだろうか。
あえて取りに行かずとも、おおいなるものの手は、自分のもとに勝手に
やってきてくれて働いてくれるそうなので、普通の日常で足りる。

イスラム国に捕らえられた後藤さん、湯川さんの無事解放を祈っている。
首相の言葉は、聞けば聞くほど支離滅裂で、一国のトップがする使い方ではない。
あの浮いた言葉が引き起こした事件であると感じられるし、
それが今後どのような方向に国を向かわせるのだろう?
日本では許してもらえても、世界では通じない。
発する言葉がどのように影響を及ぼすか、また言葉への姿勢自体
正してもらいたい。


 


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット