あゐごろも

日々のあれこれ、短歌など。ときどきによって変わります。

白紙に向かい合うとき
わたしらしきものに出会う。
自分のことは自分ではわからないという。
ほんとうにそのとおりで
毎年、毎年あたらしいわたしが現れ
行列のしっぽに並ぶ。

もう40才も過ぎれば
土曜日のパンケーキ屋の前のよう。
「1時間待ちです」

なにを待っているのだろう。
気が付けばいつも待っていたのは
なになのだろう。
なにが待たせているのだろう。

かつての遠い約束の日を越え
もう数年が過ぎた。
もう待つものはないし
待ったりしてないけど
相変わらず待つしかないこともあって
あいかわらず待っている。

待っている。
なにを
だれに
どこまで
わからないのに
それでも待つ。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット