あゐごろも

日々のあれこれ、短歌など。ときどきによって変わります。

今日もわたしがいて
肉体の癖にふりまわされ
またこれかとがっかりする。
こんなもんなわたしだろう。
こんなもんでも、いただけた。

魂がすばらしくて、肉体が劣っているとか。
無言である肉体の自律した働きを
魂は真似をすることはできるだろうか。

自由を求めるこの魂は
肉体の音に耳をふるわせて
わたしの奥の見えない
突き抜けた透明な奥の奥の
底にある。

それは、あのくも。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット