あゐごろも

日々のあれこれ、短歌など。ときどきによって変わります。

2015年01月

今朝の夢短大の敷地内にいる。おおきな四角に道で区切られた水田ににーなちゃんがいる。あざやかな緑の若い穂に満ちている。(自然の多くゆるやかな丘のあるこの構内で、なにかしていた。内容は忘れる)ショッピングセンターの中にある会議室のようなところに入る。意地悪な …
続きを読む

周囲は固めた。あとは落とすのみ。しかし息までは取らない。そこは労働の場だ。甘ったれになど来るな。ただそれを知れ。あ~超ねむい。。。まったく正月明けてすぐに交渉なんかしてお風呂入って寝ちゃおうかな。ゆず湯。ゆずってすごいんだよって口のきけないゆず君だからゆ …
続きを読む

対処法を考えている。こういう輩にははっきり言うのが、今後おなじ被害者をださないためにも一番いいらしい。「お前の●●な部分がキモイから二人で会いたくねーんだよっ、ばかやろうっ!」ここまで言わなくてはいいものの、こんな風にしっかりと理由をつけてお伝えするのが …
続きを読む

新年早々、うんざりだ。人のことを思っているようでいて、自分のことしか考えていない男。ここから去りたい一番の理由はアイツの存在だ。会社にきたら、3通もきもいメモが残っていて文面は前と変えておだやかになっているが迷惑だといっていっているのに、なんどもなんども …
続きを読む

最初に私信。それらのつぶやきがシンクロでないのならそこまでするほど、いったい私になにを伝えたいのだろう?言葉にしてもらわないと、推測して理解をするということは私にはできないだろう。さて本文。本日はご無沙汰していたミチコさんのお家に伺った。歌仲間でもあった …
続きを読む